中津市で外断熱・木造注文住宅ならカナエホームへ

カナエホーム
TEL:0979-32-2846 資料請求・イベント予約
カナエホームのこだわり

ホーム > カナエホームのこだわり > 外断熱で快適な住まい

外断熱で快適な住まい

住宅を建てる場合、断熱材を使います。この断熱材を柱と柱の間に入れることを内断熱(充填断熱)といいます。
これに対して柱の外側から 断熱材を貼るのが外断熱(外張り断熱)工法です。

  • 結露に悩まされない。
  • 家中どこも暖かい
  • 嫌な寒さ、暑さのない家。
  • 冷暖房の費用があまりかからない。
  • 家で過ごす時間が増えた。

断熱でこんなに違う家の温度

しっかりと断熱された家は、暖房をかけると、廊下や暖房をかけていない部屋まで、家全体が暖かくなります。
リビングも、廊下もお風呂も玄関も、家全体がまるで1つの部屋のように、気持ちのいい温度でつながっています。
だから空間の温度差によるストレスがなく、健康に過ごすことができます。一方断熱が不十分な家は、冬、暖房をかけても効きにくく、家の中の温度差が大きくなってしまいます。

【シミュレーション条件】
〈断熱をしっかりした家〉等級4超
(屋根:ネオマフォーム40mm外張り、壁:ネオマフォーム30mm、床:ネオマフォーム45mm充填)

〈断熱が不十分な家〉等級3
(屋根:グラスウール10k100mm充填、壁:グラスウール10k6mm充填、床:グラスウール10k45mm充填)

1年のうち最も寒い日時(1月26日午前7時)の室内温度比較(1階部分)
●暖房:リビング・ダイニングのみ運転
●建物:木造2階建(120.07m2)
●建設地:東京都練馬区

※(財)建築環境・省エネルギー機構『住宅事業建築主の判断の基準におけるエネルギー消費量計算法保の解説』の設定値に基づき、TRNSYS(国土交通省特別評価認定プログラム(329)取得)にて算定

お客様の声

生活レベルを変えずにエコライフを実現。家がいちばん心地よい場所になりました。

わが家を建てるなら、寒い冬でも暖かい
外張り断熱の家がいい。

寒さが厳しい岩手県にお住まいのCさんご一家。友人の家を訪ね、冬でも暖かい外張り断熱の良さを実感したことがきっかけで、「わが家も絶対に外張り断熱の家がいい」と心に決めて施工会社を紹介してもらいました。以前から、省エネやエコには関心はあるけれど、我慢をしてまではどうも…」と思っていたご主人。あわせてオール電化や24時間換気システムを導入することで、「節約にているわけではないのに、自然にエコな暮らし」を実現されました。

寒い冬でもまったく結露なし。毎日のお掃除がラクになりました。

住みたかったのは部屋ごとに
温度のムラのない家。

以前は神奈川県横浜市内の賃貸マンションにお住まいだったSさんご家族。小学生のご長男の学区が変わらない、同じエリアに格好の土地物件を見つけた事を機に、家を新築されました。本などで勉強し、「冬暖かく夏涼しく、エネルギーコストも少ない家を建てたい」と、始めから外張り断熱の家を建てることを計画。出来上がった家は、理想通りの心地よい空間に。快適になって家族がリビングで過ごす時間が増え、奥様も大満足の家が出来上がりました。

大胆な吹き抜けを設けたリビングも快適。

家の中では冬でも子供たちは裸足です。

モデルハウスで外張り断熱の「快適性」を実感。 福岡県にUターン後、賃貸マンションに暮らしていたHさんご家族。奥様の家づくりへの関心が高く、当初から熱心に住宅展示場を訪れていたそうです。

そんな中であったのが、外張り断熱の家。「夏場の見学時に、そのモデルハウスだけ涼しかったんです。」後日、ご主人と共に再来場。むしろ初めは興味がなかったご主人の方が気に入って、「その違いを体感したら他は考えられませんでした」と、トントン拍子に家を建てるまでになりました。

ネオマフォーム 施工例 外張り断熱工法

高性能なので薄い厚さで高い断熱性能を発揮し、外張り断熱工法に適しています。
また、防火認定のバリエーションも豊富です。